趣味

またしても、武将もの

おはこんばんちは

スウペリアアツロウです。

今回、紹介する戦国武将は本多平八郎忠勝さんです。

「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」

そうです本多忠勝さんは残念な事に徳川家康(通称マゼ)の右腕ともいえる武将です。
この歌のとおり、ほんまにマゼにはもったいない人だと思います。
(ちなみに唐のかしらっちゅうのは兜にヤクの毛をあしらった、おしゃれな兜です。)

井伊直政さんと家康軍の双璧なんていわれています。

ゲームとかで登場する忠勝さんはビーム光線が出たり、見た目がガンダムみたいだったり、
三国志の化け物「呂布」なんかとタイマンはったりしてます。
実際にはあんな事はありません

忠勝さんは三河国(愛知県岡崎市)生まれで徳川子飼いの武将です。

ちょっと寄り道しますが徳川はなぜ強かったのか、その理由の一つに
家臣たちの結束の強さがあると思います。
忠勝さんの様に何代も前から徳川に仕えてる方たちの考えかたは
「われらはみんな家族であって徳川家である。家族なんだからみんなで支えあうのはあたりまえじゃん」
みたいな
こんな考えの家臣がいっぱいおるわけで、そりゃ強いわな

家康は、ことあるごとに戦場で大活躍する忠勝さんに石高の加増をしようとするんですが、
「家族なんだからそんなにいりません私にあげようとした分は後から入った家臣にあげてください」
といって断り続けたそうです。
欲のない立派な人ですな

忠勝さんは生涯で57回合戦に出ていますが、一度も傷を負わなかったそうです。

愛用の槍は蜻蛉切(とんぼきり)
槍の穂先にとまったトンボがまっぷたつになった事からこの名前が付いたそうです。
全長4メートルを越す長槍です。(ほんまかいな)

兜は鹿角脇立兜(かづのわきだてかぶと)
鹿の角をあしらった大変おしゃれな兜
この兜は現存しておりまして国の重要文化財に指定されています。

具足は黒糸威胴丸具足(くろいとおどしどうまるぐそく)
忠勝愛用の具足。肩からかけれた大数珠が特徴的で、動きやすいようにとっても軽く作られています。
こちらも現存しており重要文化財に指定

忠勝さんとは対照的で井伊直政さんは真っ赤な具足(井伊の赤備え)でがっちり固めていたにもかかわらず
体はキズだらけだったそうです。

愛馬は三国黒(みくにぐろ)
松風と並んで有名な名馬です。最後は関ヶ原でお亡くなりになりました。

忠勝さん関連の小説などでよく出てくる、とってもかっこいいい話をいくつか紹介します。

小牧・長久手の戦いで、8万の大軍を率いる秀吉と戦った家康ですが、超あぶなくなって一旦逃げるのですが
このとき殿をつとめたのが500名の軍勢を率いる忠勝さんです。
合戦の途中休憩が入ったりするんですが家康を逃がすため、わざと秀吉軍の目の前で愛馬に水を飲ませて
自分に注目させて時間稼ぎをします。
忠勝さんと気づいた豊臣方の武将は「うわっ本多忠勝やんけ、しかも一人でおるやん いまチャンスやで」
ってなりますよね。
それを見ていた秀吉さんは感動して「わざと少数の兵で我が大軍に勇を示すのは、我が軍を
喰い止めて家康の軍を遠ざけるためであろう。徳川家を滅ぼした際にはかれを生け捕って
我が家人にすべきなり」と言って忠勝を討ち取らせませんでした。

ちなみにマゼはこの時だったかは定かではありませんが
逃げている時にビビッてお漏らししたそうです。

もうひとつ義理堅い忠勝さんのいい話を

忠勝さんは関ヶ原前に真田家の長男、伊豆守信幸へ娘を嫁がせています。
信幸は義理の息子になるわけで、才能のある信幸を気に入って可愛がりました。
ここで真田家は昌幸、幸村のいる本家と信幸のいる分家とに分かれました。
信幸は当然、徳川に忠節を誓いますが、父ちゃんと弟は大の徳川嫌いで、関ヶ原では
西と東に分かれてしまいます。ドラマチックな展開でしょ

真田本家は関ヶ原へは参戦していませんが、上杉会津攻めから戻るマゼの息子秀忠率いる3万の軍勢を
ガッチリ上田でおさえて関ヶ原へ行かせません
まあ、結局は西軍は負けちゃって、徳川親子の怒りを買った昌幸、幸村は当然、死罪ですわな

忠勝さんは息子、信幸のために幾度となく死罪を許してもらえる様に家康に頼むのですが
許してもらえません

そこで忠勝さんは沼田から真田信幸を呼んで一緒に家康の下へ直談判しにいきます。
池波正太郎の「真田太平記」では、その場面がとてもかっこよく描かれています。
こんな感じです

家康は信幸が大阪へ来ていることを知らなかっただけに、
本多忠勝の背後からあらわれた信幸を見て
「豆州ではないか」目をみはった。
そして、早くもすべてを察知したらしく、本多忠勝を睨み据えたものである。

「豆州。何とて、断りもなしにまいったぞ」
信幸が、こたえに窮していると、本多忠勝がいきなり
「豆州殿は、真田安房守および左衛門佐幸村の命乞いにまいってござる」
といったものだ

「ならぬ」
切り返すように家康が、
「去れ」
「去れとは、それがしにでござるか?」
と本多忠勝。
「両名とも去れ」

すると、忠勝が、家康の側に控えていた二人の侍臣へ、
「去れ」
と、いわんばかりに顎をしゃくって見せた。

忠勝の面上へ真っ赤に血がのぼっている。
その凄まじい眼光に、二人の侍臣は目を伏せ、ついで、
訴えるように家康を見た。

苦りきった顔つきで、徳川家康がうなずいた。

徳川家康は巨眼を活と見ひらき、あらためて、
「真田父子の命乞いは、ゆるさぬぞ」叫ぶようにいった。

「真田父子に腹を切らせよ」と命じた。
だが、いかに徳川家康が、「腹を切らせよ」と命じても、
本多忠勝は微動もせぬ。

忠勝の双眸は、家康のそれに負けぬほど巨きい。
その両眼が、まるで家康へ躍りかかり、これを組み伏せ、
「首を掻き切ってくれよう」といわんばかりの光を湛え、
わが主人を見据えているのだ。

「何と申しても、真田父子には、死罪を申しつける」
「何としても・・・・」

「いかように嘆願されようとも、わが心に決めてあることじゃ!」
家康の声は、忠勝の面上へ斬りつけるかのような激烈さであった。

すると、本多忠勝は胸を反らせ、大きく息を吐いて、
「さようでござるか」
気味がわるいほど、物静かになって、
「忠勝、しかと、うけたまわり申した」

「ならば、よい・・・」徳川家康は、ほっとしたらしく
「所用もあれば・・・」腰をあげかけると、

本多忠勝が、
「かくなれば、この忠勝、伊豆守殿への義理が立ちませぬ」

つぎに、本多忠勝の口から発せられた言葉は、家康にとっても、
真田信幸にとっても、
予想のつかぬ衝撃的なものであった。

忠勝はこう言い出た。
「殿は、この忠勝を敵にまわしても、真田父子の首がほしいとおおせある」

「そのほうを、敵じゃと・・・」
「いかにも」

「な、何と申す」

「かくなるからには、それがし、伊豆守殿と共に沼田城へ立てこもり、
殿を相手に戦つかまつる」

駆け引きでもない。脅しでもない。
本多忠勝は、ついに、そこまで肚を据えたのである。

さすがの真田信幸も驚愕のあまり、うつむけた顔があがらぬ。

岳父・本多忠勝が、まさかに、ここまで決意をしていようとはおもわなかった。
うつむいたままの信幸の両眼へ、
われ知らず熱きものがふきあがってきた。

本多忠勝は、「豆州殿・・・」と真田信幸をうながし、
「これまででござる」こういって、腰をあげかけた。

「待て」ついに家康が、
「ゆるす」といった。

「ゆるす、と、おおせられまするか?」
「む・・・」

「では、真田父子の一命をたすけとらすとおぼしめさるるので?」
「うむ」わずかに、家康がうなずいた。

本多忠勝は、あらためて坐り直し、きっちりと両手をつかえ、
口調を正し、
「かたじけなく存じたてまつる」と平伏をしたのである。

どうですかぁぁ
かっこいいでしょ 興味がある方は「真田太平記」長いですが、読む価値ありです。

57回もの合戦にでて無傷だった忠勝さんですが
晩年、小刀で持ち物に名前を彫っていた時、手を滑らせ、指に怪我をしてしまいます。
忠勝さんは「わしの命運もここまでか」と嘆き、その数日後にお亡くなりになりました。
これが忠勝さんの生涯で唯一の負傷だったとそうです。

忠義の人、本多忠勝さんのすばらしいお言葉で終わります。

「侍は首を取らずとも不手柄なりとも、
事の難に臨みて退かず、
主君と枕を並べて討死を遂げ、
忠節を守るを指して侍という」


ありがとうございました。







例のやつ はーじまーるよー
(今回は画像をでっかくしてみました)




1_4 Img795_3 Img796_2 Img797_2 Img798_2 Img799jpg_2 Img800jpg_2 Img802jpg_2Img803_2Img804_2Img806Img805Img807Img808







 























次回をおたのしみに







かわるんだらー

 アクマイザー3 VOL.4 4 アクマイザー3 VOL.4 4
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

            









押していただきたく候            

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさしブリーフ

おはこんばんちは

スウペリアアツロウです。



うちの奥さんの病気も治り、退院いたしましたので、
再開いたしたいと思います。






今回はフィギュアのネタが進行していませんので
私の好きな戦国大名をご紹介いたします



その方は前田利家さんです。
あまりにもビッグネームなので、ちょっと躊躇しましたが、
大好きな方なので、
がんばって書きたいと思います。

前田利家
加賀・能登・越中(石川県と富山県)120万石の大大名です。(利長の時代)
お城は金沢城ですが利家さんの時代には尾山城と言っていました。
(後に息子の利長時代に改修され金沢城に名前が戻りました。)
金沢城は国の重要文化財です。

前田利家さんは身長が高く(利家の着物から182cmくらいあったそうです)顔も男前だったそうです。
若い頃は槍の名手で「槍の又左」の異名を、もっています。

利家は尾張国(愛知県名古屋市)の生まれで、最初は小姓として織田信長に仕えます。
若い頃の利家は血の気が多く、色々トラブルがあったみたいで、
その事が原因で失敗して数年間、浪人暮らしをしていた事もあったそうです。

桶狭間の戦いでは、そのトラブルが原因で出仕停止になっていたのにもかかわらず
勝手に参戦して大活躍 
信長に戦功も認められ、帰参を許されたそうです。
その後、柴田勝家の与力となり活躍して能登23万石の大名になりましたが、
本能寺の変で信長が明智光秀により討たれ、事態は急変 
秀吉の光秀討伐から
清洲会議(信長の後継者争い)で羽柴秀吉と柴田勝家が対立、
利家は勝家につきますが
賤ヶ岳の戦い(羽柴秀吉vs柴田勝家)では、合戦中になぜか撤退、秀吉軍の勝利を決定づけました。
このときの利家の行動はよくわかりませんが、
秀吉とは昔から仲が良かった友達なので、
戦うのはいやだったんでしょうね。(ほかにも理由はあると思いますが)

その後、秀吉は国内を統一し天下人となります。(結構、あいだを飛ばしますが)

豊臣政権ではいわずと知れたナンバー2 百万石越えの大大名となり、秀吉を支えました。
(秀吉は利家に石高の加増をもっとしたかったみたいでしたが、側近の石田光成がゆるさなかったそうです。
そのことで前田家と光成は不仲になって、光成の身に後々ひびいてきます。)

みんなで豊臣政権を支えて戦のない平和な国をつづけようぜーと言うなか
一人、マゼなやつがいて、名を徳川家康といいます。

こいつがまあ、約束は守らんし、勝手なことはするで、調子に乗っているんですが、力があるので、
秀吉サイドも下手に手が出せません、
そこで秀吉亡き後の豊臣政権を合議制にして(秀頼がまだ小さいので)
家康を牽制しようぜっちゅうことで、豊臣政権五大老、五奉行を作ります。
その中の大老筆頭が利家さんでんがな(マゼも筆頭格)

五大老
○徳川家康
○前田利家
○上杉景勝(小早川家)
○毛利輝元
○宇喜多秀家

五奉行
○浅野長政
○石田三成
○増田長盛
○長束正家
○前田玄以

五大老、五奉行のこともあり、さすがの家康も秀吉と利家が生きている間は下手な事はしませんが、
かげでこそこそ(他家と婚姻をむすんだりして)いらんことをしています。
(秀吉と利家が死んだら、自分が天下を乗っ取ろうというのがバレバレですな)

その後、太閤殿下の死期が近くなると、家康はマゼ再開、
加藤清正、福島正則、初めとする武断派と石田光成、小西行長たちの文治派が争いをはじめ
都は戦々恐々としております。

そこで、権大納言前田利家さんの出番がきました
利家さんはさすがに大老の筆頭格 マゼを黙らせる力もあり、次世代の大名からも信頼が厚いと言う事で
一時的ではありますが、この場をまとめたそうです。(話が前後していたらすいません)
その後、利家さんは秀頼の後継人になり、豊臣政権もなんとか持ち直したのですが、
太閤殿下の死後、8ヶ月後にあっけなく亡くなりました。

とても残念でなりません。利家さんがあと10年頑張ってくれれば豊臣政権は秀頼公元服の後、安泰となり
日本の歴史はおもしろいことになっていたでしょうね。

歴史の面白いところは大きく流れが変わる時のキーマンを知るところにあると思います。

今回の話で言うと豊臣政権から徳川へ流れが変わっていくなかでの前田利家さんでした。

私は10年くらい前に石川県に旅行に行ったことがあるのですが、その時に知った、歌があるので紹介します。

「天下 葵よ 加賀様 梅よ 梅は葵の たかに咲く」

これは徳川家の家紋「三葉葵」と前田家の家紋「剣梅鉢」を葵と梅にたとえて、梅の花は葵より高い所に咲く
と言っとるわけです。
加賀の人々は利家さんの方がマゼより遥に上の人なのになんで、マゼの家来にならなアカンねんと言う
悔しさを歌ったと伝えられています
同感です。

利家さん関連の小説などでよく出てくる、とってもかっこいいい話をいくつか紹介します。

信長公の家臣時代のトラブルで浪人暮らしをしていたことを紹介しましたが、
その頃の事を晩年語るシーンあります。
利家さんはこう言っています
「今まで、親しくしていた人たちも落ちぶれてしまったら、声もかけてくれない。だからこそ
そんな時に声をかけてくれる者こそ真の友人だ」
いい話ですなぁぁ 
ちなみにこの時、親身になって声をかけてくれた人は森可成さんや柴田勝家さんです。

はい、ここで疑問、そこまで言っている柴田勝家さん(利家さんは勝家さんのことを親父様とよぶほど惚れ込んでいます)
を賤ヶ岳の戦いでは裏切っていますが、なぜっ?

理由は色々あるんだと思いますが、たぶんこういう事ではないでしょうか

利家は信長公の家臣であって柴田勝家の家臣ではないと言うこと
ほんでも、勝家さんにはいろいろ恩義があって柴田勢に
ついていたんでしょうが、流れが秀吉側に傾きかけた時
お家存続の為、しょうがなく戦線を離脱したんでしょう。

現代の考え方では理解が難しいですが。この時代の「家の存続」っちゅうのは一番大事なことで、勝家さんも「しゃあない」
と思っていたはずです。
賤ヶ岳敗戦後の勝家さんは利家の裏切りを責めもせず、人質に出していた利家の娘を返しています。
いやぁ柴田勝家っちゅう人はいさぎよくて立派な方ですな

あと、武勇に優れた利家さんは次世代の大名からものすごく尊敬されていて、なかでも加藤清正さんは
「あんなすごい父親がいるのに戦場での話を聞かないなんてもったいない」と息子の利長を羨ましがったそうです。

マンガなんかで有名な前田利益(慶次郎)さんは利家さんの義理の甥になりますが、気が合わなかったようで
利益さんは前田家から出奔しちゃいます。
昔、ジャンプで連載していた「花の慶次」では利益と利家は親子ぐらいの年齢差で表現されていますが
実際は二つか三つぐらいしか差はなかったみたいです。(ショックでしょ)

それでは利家さんのこの世の最後のかっこいい話で終わりたいと思います。

利家さんは死ぬ間際にお坊さんから念仏を唱えてあの世へ旅立つよういわれた時、言う事を聞かなかったそうです。
それで妻のお松は、泣きながら、こう言ったそうです。
「殿は、お若い頃から戦場で大勢の人をお殺しあそばしたゆえに、後生が心配で恐ろしゅうございます。」

それを聞いた利家さんは怒って
「俺は武士の家に生まれたがゆえに人を殺さねばならなかったが、一度も非道なことをしたことはない。
だから地獄に落ちることはないが、もし、地獄に落ちれば俺より先に行っている俺の家来どもを従え、
大いに地獄征伐をしてやろう、」こう言って念仏を唱えなかったそうです。

かっけぇ かっけぇ かぁーけぇぇぇ しびれるー

利家さんの死因は癌だったそうで、最後はあまりの痛さに刀で自ら胸を突いて死んだといわれます。



最後に一言

豊臣政権ばんざーい







それではブログ再開を祝して
歴女BASARA無双はーじまーるよー



Mini_1















Mini_img795















Mini_img796















Mini_img797















Mini_img798















Mini_img799jpg















Mini_img800jpg















Mini_img802jpg















Mini_img803















Mini_img804















Mini_img806





































Mini_img805 


















次回をお楽しみに

 乙田修三/あゝ前田利家公 / 人生演歌 乙田修三/あゝ前田利家公 / 人生演歌
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する










「あひゃひょわー」

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休止中

おはこんばんちは

スウペリアアツロウです。




妻が病気の為、入院しちゃいました。


誠に勝手ながら11月いっぱいブログを休止いたします。
12月から再開いたしますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バトル・ザ・護国神社

おはこんばんちは

スウペリアアツロウです。


今回は「クローズ」の話です。
「クローズ」は最近知ったのですが、僕は基本的にヤンキー漫画は読まんようにしてます。
なぜならアホになりそうなので・・・
イメージねイメージ


「クローズ」は嫁さんが会社の同僚から借りてきたのをこそっと盗み読みしたのが始まりでした。

最初は絵がへったくそで話もベッタベタだったのですが、
話が進むにつれ、展開がガラッと変わり主人公である「坊屋春道」はほとんど登場しない
ガヤ状態で話が進みます。
ほんで、それが終わると、3人組のごっついのが登場
鈴蘭の敵になるのですが、この3人が男気あり、キャラが立っていてかっこいいんやわ

後半は「ゼットン」ちゅう春道の後輩が鈴蘭に入ってくるんですが、こいつがまた、
味があっていいんよね

あと、「武装戦線」ちゅう珍走団じゃなかった暴走族がおるんやけど、
こいつらがまたかっこいいんです。
「武装戦線」は続編の「WORST」で大活躍します。
っていうか、「WORST」は「武装戦線」がメインです。(主人公がパッとせんしね)


フィギュアもいろいろ出ていて、いいんだけど、
みーんなつっ立っているだけで、おもんないんです。


ということで、「坊屋春道」作っちゃいました。
「クローズ」最後の話でラスボスを護国神社で待っている春道です。
製作途中ですが、画像アップします。



Mini_p1120896

Mini_p1120899

Mini_p1120906

Mini_p1120910

Mini_p1120904


















ぼちぼち作るので、進んだらまたアップします。








歴女BASARA無双はーじまーるよー



Mini_1









Mini_img795_2















Mini_img796_2















Mini_img797_2















Mini_img798_2















Mini_img799jpg_2















Mini_img800jpg_2















Mini_img802jpg_2















Mini_img803_3















次回をおたのしみに!!

 クローズ  25 クローズ  25
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する
ちなみに「クローズ」ってカラス達って言う意味だと思うんやけど
それやったら「クロウズ」なのでは?


ぽっちとせんかーい

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴女BASARA無双

おはこんばんちは
スウペリアアツロウです。




新キャラクターの話です。

名前を募集していたのですが
なーんと1件コメントがありこの度正式に新キャラクター名が決まりました!




それでは発表します!
どるるるるるるるぼるるるうるる(ドラムロール)






新キャラクター名は「
首領たん」です!



前回の記事にもありましたが「首領たん」のカラーリングが決まらず
いまだ完成しておりません (´・ω・`)ショボーン
完成次第、画像アップしたいと思っとります しばらくお待ちくさい

採用者の「仮面ライダー病鬼」さんありがとうございました。






まあこんな感じで「首領たん」をはじめ、その他フィギュアも
製作難航しておりますので、


今回は連載中の「歴女BASARA無双」を中心にすすめさせていただきます


それではどうぞ


Mini_1















Mini_img795















Mini_img796















Mini_img797















Mini_img798_2















Mini_img799jpg















Mini_img800jpg















次回をおたのしみに!!




にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

新品/DVD [清水健太郎]首領への道(どんへのみち) 28枚組 新品/DVD [清水健太郎]首領への道(どんへのみち) 28枚組
販売元:卸屋discount store
卸屋discount storeで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なまえ募集中 その2

おはこんばんちは

スウペリアアツロウです。




前回に引き続き、新キャラクターの話です。


今回はカラーリングを施したのですが、全体的にリアルに塗りすぎて
インパクトがなーい 感じになってしまいました。




やはり今回のキャラはもともと平面的なので、わざわざ立体的に
カラーリングするべきではなかった

いやー勉強になりました(なんやそれ)






まあ、見てやってください

Mini_p1120804



















イメージとしては白頭鷲だったのですが、あたまを白くすると
しろくまになっちゃうしー 体はグラデーションかかって質感があるにもかかわらず
つめと口のまわりはまっきっきー もう意味わからん






Mini_p1120808



















一応 うしろ






塗りなおしまーす












「おもろー画像」
サイクロンで追っかけまわす

Mini_pdvd_032














後方より悪魔のサイクロン接近中!!

Mini_pdvd_103














うぉらー どかんかーい

Mini_pdvd_107 














サボテンにぶつかれば爆死、戸惑っていると轢き殺される
戦闘員地獄絵図


(仮面ライダー トカゲロン サボテグロンの回より)


トカゲロンの回で再生怪人にキレたライダーがサイクロンで追いかけまわします
必死で逃げる怪人にうけてしまいました。
(コブラ男にいたっては転がり落ちてます)

サボテグロンの回では戦闘員相手にサイクロンで追いかけまわしています。
鬼ですねー







<>

雅竹 鬼おろし 末広 大 79-182B 雅竹 鬼おろし 末広 大 79-182B

販売元:ヤマキ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ここ押してーな

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なまえ募集中

おはこんばんちは

スウペリアアツロウです。



ひさびさのアップとなってしまいましたが、よろしゅうお頼み申します。




えー前回 紹介しました「斜面ライダーナミ子」に変わり
新しいブログのマスコットキャラを考えたのでイラストにしてみました。





Mini_img648_2



















どっかの組織のエンブレムに似てる!!


Mini_img826



















こんな感じにしたいのです。




Mini_p1120789



















ついでに作っちゃいました。


Mini_p1120797




















これ、後ろ


Mini_p1120798



















型も取っちゃいましてん


Mini_p1120790




















コピーも作っちゃいましてん


Mini_p1120801




















これはレリーフ調にしましてん








まあこんな感じで、作ったんですが、こいつの名前が決まりません。
一応 「くまコンドル」とか「くまイグル」とか「くまわしさん」とか考えたんですが

そこで、名前をコメントにて募集いたします!!


採用された方1名に こいつをプレゼントします。
(ほしい人がいたらの話ですが)



よろひく







「おもろー画像」
ぽっちゃり系ショっカー戦闘員


Mini_pdvd_002
















(仮面ライダー ゲバコンドルの回より)


ちょっと前の蜂女のおばはんが、へんな眼鏡を使って、とっつかまえた人間を集めてこう言っていました

「お前たちはショッカーのもとへ蒸発してきた もの達のなかでも特に弱く、もうガス製造工場の作業に耐えられなくなった消耗品である
お前たちの中でも優秀なものは改造し、この様にショッカーの戦闘員となって働いているのだ」


ということは上のぽっちゃりは優秀なんかΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 ぽっちゃり・ウッドバード ぽっちゃり・ウッドバード
販売元:MoMAstore
MoMAstoreで詳細を確認する

ここを押してーなーにほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斜面ライダーナミ子

おはこんばんちは


スウペリアアツロウです。




今回は昔つくったフィギュアシリーズ第1弾「斜面ライダーナミ子」を紹介します。

ナミ子は「仮面ライダーアギト」放送当時、オープニング主題歌を「森三中の黒沢」風に
ふざけて歌っていたとき、生まれたキャラクターです。

「しゃめんらいだー なみこ~」

ナミ子は斜面を走ります。

もう、なんのこっちゃわからなくなってますが、
ふざけて作ったキャラなので、ゆるしてください。




Mini_p1120776























ばーん
ナミ子さんです。



Mini_p1120779_3
























ヘルメット着脱可能!!


Mini_p1120780
























バックシャン
おしりがプリッとしております。



Mini_p1120782

















ヘルメットのクリアパーツ部分はペットボトルを切り取って製作


Mini_p1120781

















素材はオールスカルピーです。





日本ブログ村の「風車ダイナモ工房」プロフィール画像に
ナミ子さんを使っております。










へんなもん見せてすいませんでした。









 斜面 斜面
販売元: iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)で詳細を確認する





ポチッとしちくり~

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アポロガイスト 色塗り

おはこんばんちは

スウペリアアツロウです。




早いもので、ウダウダしてたら、8月が終わってしまいました。ショック

毎年の事ですが、夏には期待してしまいます。
海だ、キャンプだ、花火だ、ほんで新しい恋の季節 モヒヒヒ

まっ 結局なーんもせんまんま終わりましたが、それでもやっぱり夏はいい
来年こそはどこかの夏フェスにいくぞーい(やっぱりフジロックかな)











はいっ  ということで、アポロガイストの総仕上げ「色塗り」いってみましょう

Mini_p1120665_5


Mini_p1120668


Mini_p1120673


Mini_p1120676


Mini_p1120678
















サフって組上げました(一応)


Mini_p1120710















エアーブラシでふき付けている所
今回、室長で使うカラーはなんと(黒、赤、白)の3色だけ 楽やわー



Mini_p1120724
















ブーツとグローブ以外の黒いところはマットに



Mini_p1120717















ガイストカッターは「気持ち」クリアーにしました。



Mini_p1120720
















顔もクリアー気味に


Mini_p1120757

















マントはまだ未完成ですが、一応、カラーリングは終了



Mini_p1120764


Mini_p1120767_2


Mini_p1120768





















アルソリ「X」とツーショット
今回の色塗りではグローブ、ブーツ、ガイストショット等を
「ツヤありエナメル」で塗り「マットなアクリル黒スーツ」とのメリハリを付けました。






これで、一応、アポロガイスト製作は終了しました。

皆さん意見がありましたら、コメントください。

アポロガイスト画像は細かい修正をして、次回も画像載せます。











次回作は只今、検討中(一旦、特撮からは離れようかな~)

冒頭部分に戻りますが、やっぱりこれからは、夏だからといって
無駄に期待せず、無意識で行こうと思います。






シティボーイズ・ライブ 1999年公演 夏への無意識#DVD# ◆20%OFF! シティボーイズ・ライブ 1999年公演 夏への無意識(DVD) ◆20%OFF!

販売元:ぐるぐる王国 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改造犬 仮面ワンダー

おはこんばんちは




スウペリアアツロウです






「仮面ライダー」





それはヒーロー



それは夢



そして愛



固有名詞で、ひとくくりにしてしまいがちな仮面ライダーという存在は
何なのか?

その答えはすべてのライダーファンの中にある、時にはV3であり、
アマゾンであり、時にはアギトであり、
そして時には響鬼であったりする。

時代によって変化する、時代によって、そのあり方を変え

私達の心にあり続けるものなのである。





808200e2f84a3fffb8b24abfe6b20135_3   













昭和40年代から50年代 私は子供であり、仮面ライダーであった。
本郷猛であり 一文字隼人であった。

時には風見志郎でもあった。








あの、美しいフォルム、絶妙な色の使い、改造された人間の悲しさ、
99のリスクに1の希望

すべてが まぶしくあり、美しかった。





E19761f67f0d08f9a2c18da837f437b2













仮面ライダーは大きなくくりで言うと怪奇アクションヒーローものである。

だから怪人はおもいっきり怖い



特に初期の怪人はこわい







クモ男、

サソリ男、

蝙蝠男、

蜂女、

コブラ男、

ゲバコンドル、

サボテグロン、

死神カメレオン






私のトラウマ怪人はサラセニアン 


食虫植物の怪人で人間を溶かして食べてしまう
何と言っても顔が怖かった


そんな失禁物の怪人をいとも簡単ににライダーキックで倒してしまう




C633e80b1d5fa95c330af736785e4e8a













しびれたあぁ






初代ライダーは1号、2号あわせて、6回ほど見た目が変わっているが、
1号はなんと言っても藤岡ライダーがかっこいい

動きは悪いが、スタイルがいいし、スーツは鹿の皮を使っているので、
全体的に良い意味で重みがある。




9128b315b3c0b0e47f358808271a359d














2号は、ライダー2号なんて順番が付けられる前の、
仮面ライダーであった頃の
一文字ライダーが最高にカッコイイ
全体的なデザインは全ライダー中1番カッコイイ

16bb14d2fb2b5b6a20cb46aee786755d












そしてV3

V3はトンボをモチーフにした顔
赤と緑の絶妙な色の使いがすばらしい。





私は、怪奇アクションヒーロー仮面ライダー作品はV3までだと思う。








私の中のヒーロー









仮面ライダーよ










フォーエバー






C27e71b7aadafa343a9338694e9d74f1_2
















ふぉーえばー

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村http://ping.blogmura.com/xmlrpc/q78eoqvpa04s

フォーエバー ダイヤモンドシャープナー 台付D-2 Kitchen フォーエバー ダイヤモンドシャープナー 台付D-2

販売元:FOREVER(フォーエバー)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

映画・テレビ | 趣味