« おひさしブリーフ | トップページ | ねんどろいど 顔パーツ型取り »

またしても、武将もの

おはこんばんちは

スウペリアアツロウです。

今回、紹介する戦国武将は本多平八郎忠勝さんです。

「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」

そうです本多忠勝さんは残念な事に徳川家康(通称マゼ)の右腕ともいえる武将です。
この歌のとおり、ほんまにマゼにはもったいない人だと思います。
(ちなみに唐のかしらっちゅうのは兜にヤクの毛をあしらった、おしゃれな兜です。)

井伊直政さんと家康軍の双璧なんていわれています。

ゲームとかで登場する忠勝さんはビーム光線が出たり、見た目がガンダムみたいだったり、
三国志の化け物「呂布」なんかとタイマンはったりしてます。
実際にはあんな事はありません

忠勝さんは三河国(愛知県岡崎市)生まれで徳川子飼いの武将です。

ちょっと寄り道しますが徳川はなぜ強かったのか、その理由の一つに
家臣たちの結束の強さがあると思います。
忠勝さんの様に何代も前から徳川に仕えてる方たちの考えかたは
「われらはみんな家族であって徳川家である。家族なんだからみんなで支えあうのはあたりまえじゃん」
みたいな
こんな考えの家臣がいっぱいおるわけで、そりゃ強いわな

家康は、ことあるごとに戦場で大活躍する忠勝さんに石高の加増をしようとするんですが、
「家族なんだからそんなにいりません私にあげようとした分は後から入った家臣にあげてください」
といって断り続けたそうです。
欲のない立派な人ですな

忠勝さんは生涯で57回合戦に出ていますが、一度も傷を負わなかったそうです。

愛用の槍は蜻蛉切(とんぼきり)
槍の穂先にとまったトンボがまっぷたつになった事からこの名前が付いたそうです。
全長4メートルを越す長槍です。(ほんまかいな)

兜は鹿角脇立兜(かづのわきだてかぶと)
鹿の角をあしらった大変おしゃれな兜
この兜は現存しておりまして国の重要文化財に指定されています。

具足は黒糸威胴丸具足(くろいとおどしどうまるぐそく)
忠勝愛用の具足。肩からかけれた大数珠が特徴的で、動きやすいようにとっても軽く作られています。
こちらも現存しており重要文化財に指定

忠勝さんとは対照的で井伊直政さんは真っ赤な具足(井伊の赤備え)でがっちり固めていたにもかかわらず
体はキズだらけだったそうです。

愛馬は三国黒(みくにぐろ)
松風と並んで有名な名馬です。最後は関ヶ原でお亡くなりになりました。

忠勝さん関連の小説などでよく出てくる、とってもかっこいいい話をいくつか紹介します。

小牧・長久手の戦いで、8万の大軍を率いる秀吉と戦った家康ですが、超あぶなくなって一旦逃げるのですが
このとき殿をつとめたのが500名の軍勢を率いる忠勝さんです。
合戦の途中休憩が入ったりするんですが家康を逃がすため、わざと秀吉軍の目の前で愛馬に水を飲ませて
自分に注目させて時間稼ぎをします。
忠勝さんと気づいた豊臣方の武将は「うわっ本多忠勝やんけ、しかも一人でおるやん いまチャンスやで」
ってなりますよね。
それを見ていた秀吉さんは感動して「わざと少数の兵で我が大軍に勇を示すのは、我が軍を
喰い止めて家康の軍を遠ざけるためであろう。徳川家を滅ぼした際にはかれを生け捕って
我が家人にすべきなり」と言って忠勝を討ち取らせませんでした。

ちなみにマゼはこの時だったかは定かではありませんが
逃げている時にビビッてお漏らししたそうです。

もうひとつ義理堅い忠勝さんのいい話を

忠勝さんは関ヶ原前に真田家の長男、伊豆守信幸へ娘を嫁がせています。
信幸は義理の息子になるわけで、才能のある信幸を気に入って可愛がりました。
ここで真田家は昌幸、幸村のいる本家と信幸のいる分家とに分かれました。
信幸は当然、徳川に忠節を誓いますが、父ちゃんと弟は大の徳川嫌いで、関ヶ原では
西と東に分かれてしまいます。ドラマチックな展開でしょ

真田本家は関ヶ原へは参戦していませんが、上杉会津攻めから戻るマゼの息子秀忠率いる3万の軍勢を
ガッチリ上田でおさえて関ヶ原へ行かせません
まあ、結局は西軍は負けちゃって、徳川親子の怒りを買った昌幸、幸村は当然、死罪ですわな

忠勝さんは息子、信幸のために幾度となく死罪を許してもらえる様に家康に頼むのですが
許してもらえません

そこで忠勝さんは沼田から真田信幸を呼んで一緒に家康の下へ直談判しにいきます。
池波正太郎の「真田太平記」では、その場面がとてもかっこよく描かれています。
こんな感じです

家康は信幸が大阪へ来ていることを知らなかっただけに、
本多忠勝の背後からあらわれた信幸を見て
「豆州ではないか」目をみはった。
そして、早くもすべてを察知したらしく、本多忠勝を睨み据えたものである。

「豆州。何とて、断りもなしにまいったぞ」
信幸が、こたえに窮していると、本多忠勝がいきなり
「豆州殿は、真田安房守および左衛門佐幸村の命乞いにまいってござる」
といったものだ

「ならぬ」
切り返すように家康が、
「去れ」
「去れとは、それがしにでござるか?」
と本多忠勝。
「両名とも去れ」

すると、忠勝が、家康の側に控えていた二人の侍臣へ、
「去れ」
と、いわんばかりに顎をしゃくって見せた。

忠勝の面上へ真っ赤に血がのぼっている。
その凄まじい眼光に、二人の侍臣は目を伏せ、ついで、
訴えるように家康を見た。

苦りきった顔つきで、徳川家康がうなずいた。

徳川家康は巨眼を活と見ひらき、あらためて、
「真田父子の命乞いは、ゆるさぬぞ」叫ぶようにいった。

「真田父子に腹を切らせよ」と命じた。
だが、いかに徳川家康が、「腹を切らせよ」と命じても、
本多忠勝は微動もせぬ。

忠勝の双眸は、家康のそれに負けぬほど巨きい。
その両眼が、まるで家康へ躍りかかり、これを組み伏せ、
「首を掻き切ってくれよう」といわんばかりの光を湛え、
わが主人を見据えているのだ。

「何と申しても、真田父子には、死罪を申しつける」
「何としても・・・・」

「いかように嘆願されようとも、わが心に決めてあることじゃ!」
家康の声は、忠勝の面上へ斬りつけるかのような激烈さであった。

すると、本多忠勝は胸を反らせ、大きく息を吐いて、
「さようでござるか」
気味がわるいほど、物静かになって、
「忠勝、しかと、うけたまわり申した」

「ならば、よい・・・」徳川家康は、ほっとしたらしく
「所用もあれば・・・」腰をあげかけると、

本多忠勝が、
「かくなれば、この忠勝、伊豆守殿への義理が立ちませぬ」

つぎに、本多忠勝の口から発せられた言葉は、家康にとっても、
真田信幸にとっても、
予想のつかぬ衝撃的なものであった。

忠勝はこう言い出た。
「殿は、この忠勝を敵にまわしても、真田父子の首がほしいとおおせある」

「そのほうを、敵じゃと・・・」
「いかにも」

「な、何と申す」

「かくなるからには、それがし、伊豆守殿と共に沼田城へ立てこもり、
殿を相手に戦つかまつる」

駆け引きでもない。脅しでもない。
本多忠勝は、ついに、そこまで肚を据えたのである。

さすがの真田信幸も驚愕のあまり、うつむけた顔があがらぬ。

岳父・本多忠勝が、まさかに、ここまで決意をしていようとはおもわなかった。
うつむいたままの信幸の両眼へ、
われ知らず熱きものがふきあがってきた。

本多忠勝は、「豆州殿・・・」と真田信幸をうながし、
「これまででござる」こういって、腰をあげかけた。

「待て」ついに家康が、
「ゆるす」といった。

「ゆるす、と、おおせられまするか?」
「む・・・」

「では、真田父子の一命をたすけとらすとおぼしめさるるので?」
「うむ」わずかに、家康がうなずいた。

本多忠勝は、あらためて坐り直し、きっちりと両手をつかえ、
口調を正し、
「かたじけなく存じたてまつる」と平伏をしたのである。

どうですかぁぁ
かっこいいでしょ 興味がある方は「真田太平記」長いですが、読む価値ありです。

57回もの合戦にでて無傷だった忠勝さんですが
晩年、小刀で持ち物に名前を彫っていた時、手を滑らせ、指に怪我をしてしまいます。
忠勝さんは「わしの命運もここまでか」と嘆き、その数日後にお亡くなりになりました。
これが忠勝さんの生涯で唯一の負傷だったとそうです。

忠義の人、本多忠勝さんのすばらしいお言葉で終わります。

「侍は首を取らずとも不手柄なりとも、
事の難に臨みて退かず、
主君と枕を並べて討死を遂げ、
忠節を守るを指して侍という」


ありがとうございました。







例のやつ はーじまーるよー
(今回は画像をでっかくしてみました)




1_4 Img795_3 Img796_2 Img797_2 Img798_2 Img799jpg_2 Img800jpg_2 Img802jpg_2Img803_2Img804_2Img806Img805Img807Img808







 























次回をおたのしみに







かわるんだらー

 アクマイザー3 VOL.4 4 アクマイザー3 VOL.4 4
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

            









押していただきたく候            

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

|

« おひさしブリーフ | トップページ | ねんどろいど 顔パーツ型取り »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428559/32548317

この記事へのトラックバック一覧です: またしても、武将もの:

« おひさしブリーフ | トップページ | ねんどろいど 顔パーツ型取り »